趣味で大正琴、習っています。デジカメを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 旅の帰り道にて
2017年03月11日 (土) | 編集 |
出雲大社 を後にして。

「中国横断自動車道 尾道松江線」を通り岡山駅まで
バスで移動です
風景の様子がガラリと変わり
雪景色になりましたょ~(o゚∀`o)アヒャッ━♪

下の4枚は移動中の車中からの撮影ですので
見苦しいかとは思いますが・・・(*≧m≦*)  

1-P2280357.jpg


遠くに見える雪山が墨絵のようです
1-P2280360.jpg



1-P2280363.jpg



1-P2280365_2017031020094068a.jpg


休憩した「道の駅 たかの」です (広島県内)
1-P2280381_2017031020102501f.jpg



1-P2280378.jpg



青空を背に、観光バスが通過して行きま~す٩(๑❛ᴗ❛๑)۶♪

私たちは、JR岡山駅までバスで帰り
優しかった運転手さん、バスガイドさんともお別れ
ありがとうございました。

新幹線(のぞみ50号)で新大阪駅まで帰って来ました 
お陰さまで、お天気にも恵まれ
楽しい旅行をすることが出来ました

1-P2280379-001.jpg
1日目の歩数=14,000歩余り  2日目=12,400歩あまり歩いていましたね
元気で歩ける間に、色んな所に行きたいです =*^-^*=


今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪



 
スポンサーサイト

 出雲大社 (最終回)
2017年03月10日 (金) | 編集 |
出雲大社 (最終回)

御本殿の境内に入ることは出来ませんので
外塀からの撮影です。

1-P2280299.jpg


外塀には、拝礼作法 「二拝四拍子一拝」
の立て札がありました

1-1-P2280298.jpg


左の建物が「八足門」  右が「観祭楼」
1-1-P2280302.jpg


手水舎
1-P2280328.jpg


彰古館   出雲大社に伝わる資料を展示されている建物
1-P2280296_201703091732325d3.jpg



1-P2280312.jpg


「さざれ石」 を見掛けました
他の神社でも見掛ける事がありますね

1-P2280313.jpg


1-P2280314.jpg


最後にもう一度、神楽殿の大注連縄
長さ13・5メートル、太さは最大8メートル
重さ4・4トンと日本では最大級だそうです。

外国から取材に来てましたょ~

1-P2280309_20170309193425a28.jpg
最後までご覧頂きありがとうございました。

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪



 

   出雲大社(3)
2017年03月09日 (木) | 編集 |
大国主神の神話「因幡の白兎」を取り上げてみました。

(1) 大きな袋を 肩にかけ
   大黒様が 来かかると
   ここに因幡の 白うさぎ
   皮をむかれて 赤裸


こんな童謡ご存知でしょうか?
バスガイドさんが歌って下さいましたょ~♪

大国主命(大黒天)」と
それを仰ぎ見る「因幡の白兎」の像です

1-1-P2280316.jpg


境内のあちこちに
因幡の白兎を見る事が出来ました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶♪
鳥取県には、モデルになった場所と言われる
「白兎海岸」と呼ばれる海岸があるそうですね

1-1-P2280335-001.jpg



1-1-P2280295.jpg



「ムスビの御神像」 
幸魂奇魂(さきみたま・くしみたま) 

1-P2280322.jpg



1-1-P2280325.jpg
 

出雲大社は「縁結びの社」として良く知られていますね。

「ムスビの御神像」に向かい大きく両手を開かれている
大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
「縁結びの神さま」の像です 

1-1-P2280324.jpg

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪



 

 出雲大社(2)
2017年03月08日 (水) | 編集 |
出雲大社(2回目)。
今日は、本殿に向かって建つ「四つの鳥居」をUPしました。

出雲大社に向かって
真すぐに通ずる神門通りを観光バスで通過し 
駐車場から境内に入ると神楽殿のある方向なんですよね

と言う訳で、本殿前の
四の鳥居(銅の鳥居)から載せています。 

1-P2280329.jpg



出雲大社正面の松の参道 
四の鳥居が奥に見えますね

1-P2280331.jpg


参道が続きます
1-P2280318.jpg


松の参道の中ほどに、三の鳥居(鉄の鳥居)がありました 
1-P2280339.jpg
 

もう少し進むと、二の鳥居が見えて来ます
1-P2280338.jpg



1-P2280341.jpg

  
二の鳥居(勢留の鳥居「セドメ.のトリイ」)
前方奥に見えるのが大鳥居ですょ~  

1-P2280347.jpg



大鳥居
大鳥居から二の鳥居前までが「神門通り」と言われています 

1-P2280345.jpg
続く

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪





 出雲大社(1)
2017年03月07日 (火) | 編集 |
最後に
縁結びの神様「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」
で有名な出雲大社を訪れました。

大きな国旗が青空に高くなびいていましたね。
 

ガイドさんの説明によると
国旗の大きさは、75畳ほど だとガイドさんの説明でした。

出雲地方では「神無月」のことを
「神在月」と言われているそうです。
日本各地の諸神様が出雲に集合し、他の地では神が不在になる
と伝えられているそうですょ!

1-P2280277_201703061735535b5.jpg


「神楽殿」
注連縄は、長さ13メートル
胴回り8メートル、その重さ何と4,5トンだそうです。

1-P2280276_201703061735519e6.jpg


「拝殿」
本殿は、この右奥にあります

1-P2280281_201703061735531c9.jpg


「本殿」内には入れませんでした。
1-P2280282.jpg


外回りを一周
1-P2280286.jpg


この後、約2時間の自由行動で姪と回りました(*^。^*)
1-P2280288.jpg
続く

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪





 石見銀山へ
2017年03月05日 (日) | 編集 |
観光バスを降りてから、ゆるやかな坂道を
約2,3キロ 谷川沿いに歩きました。

立ち並ぶ杉の幹の間から日差しが射して
谷川を流れる水がキラキラ 眩しいばかりでしたね(@_@

1-P2270092.jpg



1-P2270116.jpg
 

途中には、採掘した坑道跡を多く見る事が出来ました
ガイドさんの説明によると山全体には 大、小、合わせると
600を超える坑道があるそうですょ!  驚きですね~(◎_◎;)
坑道口には、番号札が立てられています

1-P2270096.jpg


覗き込む観光客
1-P2270088.jpg



「間歩」とは銀を採掘した坑道のことをいいます。
「龍源寺間歩」は1715年に開発された坑道で
大久保間歩に次いで長く600mもあります

           http://www.kankou-shimane.com/spot/452.htmlより 
1-P2270099.jpg


内部はノミで掘った跡がそのままの状態で残っており
当時の作業の様子を知ることができます。
「龍源寺間歩」は現在、唯一一般公開されている間歩です。
 

         http://www.kankou-shimane.com/spot/452.htmlより 
1-P2270094_20170304201023395.jpg


正面入り口
いよいよ坑道に入ります
薄暗くてまともに撮れた画はありませんでした (*≧m≦*)

1-P2270098.jpg


坑道沿いに、横穴が幾つもありライトで照らされていました
光りの当たる場所には雑草が生えていましたよ!
植物の生命力の強さに、またまた驚きです

1-P2270109.jpg
 


1-P2270105.jpg

大小の坑道が幾つも。

1-P2270111.jpg


この坑道は、観光コース外でしたので写真のみ!
1-P2270115.jpg


出口が見えて来ましたね
写真や絵と共に年代別に
説明が書かれたパネルがありました  

1-P2270117.jpg


外気の冷たさが心地よく感じられました~(✿´ ꒳ ` )
1-P2270122.jpg

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪





 足立美術館 (2)
2017年03月04日 (土) | 編集 |
もう一日 足立美術館 日本庭園からお届けしています。
沢山の枚数の写真を撮って来ましたが
消去する方が多いです(笑)

美術館内は、撮影禁止です。

■名画
横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、富岡鉄斎、榊原紫峰
上村松園等々、近代日本画壇の巨匠達の作品約1,500点を収蔵し
特に、約120点を数える横山大観コレクションは有名で
年4回展示替えを行い、四季ごとに特別展を開催しています。
             安来市観光協会サイトより



展示されていた名画の数々
私には、よく分りませんが! 
大きな額に描かれた繊細な筆さばきの絵画には
見入ってしまいましたね。


白砂が敷き詰められた壮大な庭園内を
歩くことは出来ませんが
ガラス越しに眺める 風情のあるお庭に癒されました~(#^.^#)

でも、場所によっては外に出て撮影する事が出来ましたょ 

1-P2280261.jpg



1-P2280265.jpg



1-P2280255.jpg



1-P2280240.jpg



1-1-P2280244.jpg



1-P2280239.jpg



1-P2280227_20170303205037a59.jpg


 「オブジェ」 と言ったらいいのでしょうか?
どなたの作品か分かりませんが・・・

1-P2280198.jpg

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪