趣味で大正琴を習って18年になりました。  ボランティアで介護施設などに演奏に行ってます。 また、カメラを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 今日の夕刊から(毎日新聞)
2010年03月10日 (水) | 編集 |
「91歳 新たな道」 と題して素敵な記事が目に入りました

戦争の混乱などで教育を受けられなかった人らが通う

神戸市須磨区の夜間中学の卒業式が今日行われ

91歳の 平井シヅエさんが卒業証書を手に満面の笑みをうかべた写真です


徳島県生まれの平井シヅエさんは 12歳から働きづめだったそうです

あきらめた事も多かった。

唯一の趣味だった押し絵も「阪神大震災」(95年)で家が全焼

せっかくそろえた道具も灰になったと言う

米寿を迎え 07年に「定時制中学の生徒募集」 の

ポスターを目にし「勉強がしたい」

それから夜間中学に通う生活が始まったとか


新しいことに挑戦すると若返る自分を感じたそうです


「夜間中学が私の青春。

失ったものを取り戻せた」
 

「これからも学び続けたい」

と平井さんは言っておられます




91歳とは思えない若さと成し遂げた充実感の笑顔は素敵でした。


平井さんのようには出来ませんが 私も一生勉強だと思っています

挑戦したい気持ちは捨てないで行こうと考えています 

どこまで頑張れますやら! 

スポンサーサイト