撮影って楽しいですね。ブログを開設して14年が過ぎました。
 お骨佛の寺
2010年09月20日 (月) | 編集 |
今日の彼岸入りを前に先日 お寺さんへお参りに行って来ました
我家は 私で終わりなので一心寺に永代供養をお願いしています

一心寺本尊は阿弥陀如来立像です
画像



一心寺の歴史は古く 
西暦1185年 法然上人がこの地を訪れたことに始まります
1240年 浄土宗(一心寺)へ
1600年・・・徳川家康公の八男 仙千代君の葬儀
1614年・・・大坂冬の陣では家康公の本陣(茶臼山)が置かれる

1887年・・・第一期骨佛造立・開眼
以後10年毎に造立
戦前の6体は
1945年 大阪大空襲で全焼
1948年 戦後第一体目 通算第七期骨佛造立
1957年 第八骨佛造立開眼
以後10年毎に造立開眼されています
 ~一心寺の年表より~

宗派を問わず納骨する事が出来ます
画像 1819




一番新しいお骨佛様は2007年の第十三期骨佛造立・開眼されたものです
このお骨佛様に夫も入っています  息子は第十二お骨佛様になっています
画像 1820




お彼岸まえの一心寺境内は大勢の善男善女の参詣客でいっぱいでした
画像 1779




車イスの方も手を清められていましたね
画像 1786




念佛堂   の隣には交通安全祈願の観音像もあります
画像 1777




ハトが 人の多さに頭をかしげていましたよ!(笑)
画像 1784

今日は息子の誕生日でもありました
何年過ぎようと息子は24歳の姿のままです。
スポンサーサイト