趣味で大正琴を習って18年になりました。  ボランティアで介護施設などに演奏に行ってます。 また、カメラを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 お水取り
2011年03月05日 (土) | 編集 |
親しくさせて頂いているKさんご夫妻に誘われて奈良へ行って来ました。 
奈良公園内の夜景です
東大寺二月堂のお水取りが 3月1日から14日まで行われている事はご存知でしょうか?。
「お水取り」の行事を見に行って来ました。
画像 131     画像 132
      画面上でクリックすると大きくなります



奈良時代の天平勝宝4(752)年に始まったとされ、今年で1260回目。
一度も途切れることなく行われているます。
練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11人の僧が
15日未明の満行まで本尊の十一面観音の前で罪を悔い改め、
五穀豊穣(ほうじょう)や世界の人々の幸せを祈る。
  毎日新聞社関連記事から引用
画像 135



お松明は、夜の勤行のため、参籠(さんろう)宿所から二月堂へと石段を上がる
練行衆の足元を照らす道明かり。
僧の付き人の「童子(どうじ)」と呼ばれる男性たちが担ぎ、
14日まで毎晩続きます。


7時になると同時に灯りが消され暗闇の中 
向かって左階段が急に明るくなり
勢いよく燃える おたいまつを持った若い童子が上がって来ました
画像 163



欄干沿いに左から右へと走りながら勢いよく
長さ約6mのお松明を回します  火の粉がキラキラ舞い落ちて来ます
画像 171     画像 156



火の粉の乱舞です 奇麗でしたよ 迫力がありましたね
画像 176



この下には 観光客も大勢居るんですよ~!
画像 160     画像 172



だんだん小さく消えて落ちてゆきます。
お水取りが終わると、
春が訪れるといわれるほど古くから奈良の人々に親しまれている行事ですね。
画像 168


              ご訪問頂きありがとうございました。
スポンサーサイト