趣味で大正琴を習って18年になりました。  ボランティアで介護施設などに演奏に行ってます。 また、カメラを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 奈良紀行 最終日
2011年03月10日 (木) | 編集 |
長々と お付き合い頂きありがとうございました。
今日は最終回です

高い所に民家が点々とあり
周辺は梅林ですが まだ三分咲き位でしたよ
大阪に比べて気温が大分低いのでしょうね!
画像 045




大野寺の対岸(彼岸)にある磨崖仏(国史跡)は高さ
100尺(約33m)の弥勒巌に、45.5尺(13.8m)の弥勒仏の立像
を線刻した日本最大の磨崖仏である。
209年(承元3年)後鳥羽上皇が行幸、願文を石像体内に納め
石仏開眼法要が営まれている。
 
そうです
画像 125



磨崖仏は1999年(平成11年)に6年越しの、修復作業が完了し、
(写真では見難いが)肉眼では以前よりも線刻がはっきり見えるようになった。


所在地・・・奈良県宇陀市室生区大野
『大野寺』のしをり 大野寺パンフレットより
そばで見る事は出来ませんでした。
大野寺は桜の名所の1つでもあり、境内に見事なしだれ桜ががあります
画像 126


             今日もお立ち寄り頂きありがとうございました。
スポンサーサイト