趣味で大正琴、習っています。デジカメを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 故郷の同級生と合流
2012年05月31日 (木) | 編集 |
我が故郷 宇和島市からの同級生を乗せた宇和島運輸フェリーの入港時間が

迫って来ましたので、地獄めぐりを中止 別府港へと移動

久し振りの再会を喜び合いました 

これからがクラス会本番です o(*^▽^*)o~♪  
R0019277y.jpg


総勢23名の賑やかで楽しい旅の始まりで~す ☆\( ^ ^)/~〃。.:*:・'°
R0019303.jpg        R0019297.jpg


観光バスに乗車し 先ず最初に訪れたのは岡城跡

瀧廉太郎は少年時代を竹田で過ごし、
荒れ果てた岡城に登って遊んだ印象が深かったとされ、
明治34年(1900)に中学校唱歌「荒城の月」を作曲、発表している。

                             竹田市教育委員会 資料より
R0019282y.jpg


 荒城の月 作詞・土井晩翠

   春高楼の花の宴
   めぐる盃かげさして
   千代の松が枝(え)わけ出でし
   昔の光いまいずこ

     秋陣営の霜の色
     鳴き行く雁の数見せて
     植うる剣に照りそいし
     昔の光いまいずこ

   今荒城の夜半(よわ)の月
   かわらぬ光誰(た)がためぞ
   垣に残るはただかつら
   松に歌うはただ嵐

     天上影は変わらねど
     栄枯は移る世の姿
     写さんとてか今もなお
     ああ荒城の夜半の月 


名曲、荒城の月は大正琴でもよく演奏しますよ♪(*^-^)ニコ

石垣が そびえ立つ城跡
R0019284y.jpg


年代を感じさせる樹の根
R0019290y.jpg


目が眩むほどの高さ (x_x;)
R0019291y.jpg


そんな場所に広いひろい家老屋敷跡地がありました
R0019293y.jpg

                 ご訪問頂き有難うございました。
スポンサーサイト

 孔雀の晴れ姿?
2012年05月30日 (水) | 編集 |
山地獄には、様々な動物や鳥がいましたょ。

クジャク、アフリカゾウ、カバ、ラマ、猿、

フラミンゴ、白鳥、黒鳥、あひる、カモなどなど 小さな動物園と言った所です。

温泉熱を利用して世界の珍しい動物が飼育されています
と記されていましたが詳しい事はよく解りません (x_x;)
きっと冬の寒さに温泉熱を利用しているのでしょうね

インドクジャク
雄同士が睨み合いしてました o(*^▽^*)o~♪
R0019249y.jpg


クジャクさん お願いだから羽を広げて!
って言ってたらホントに広げてくれましたよ! ラッキーでしたね~。o@(^-^)@o。ニコッ♪
R0019272y-001.jpg


どうだい!ボクのこの凛々しい晴れ姿。
上手く撮ってよね 
と言ってるようなカメラ目線です(笑) 
R0019276y.jpg


宝石を散りばめたような見事な羽
R0019274y-001.jpg


後姿はお世辞にもキレイとは言えませんね ヾ(@~▽~@)ノ
R0019273y-001.jpg



フラミンゴは 嘴を隠してお昼寝中
一本足で立って睡眠している姿は よく写真などで見掛けますが
地面に寝てる姿は、珍しいのでは?
R0019258y.jpg


カールした羽根が とってもキレイですね (o^∇^o)ノ
R0019263y.jpg


フラミンゴさん! どうして嘴を隠して寝るの?
返事は 返って来ませんでした(爆笑)
R0019264y.jpg


フラミンゴの中に
コクチョウが一羽だけいましたよ  これからお昼寝かな?
R0019259y

                   ご訪問頂き有難うございました。

 山地獄
2012年05月29日 (火) | 編集 |
山地獄は海地獄、坊主地獄、と歩いて回れる範囲にありましたねぇ。

山のいたるところから噴気が上がっています

温泉熱を利用して世界の珍しい動物が飼育されていましたよ。

後日アップしたいと思っています。

R0019244y.jpg


泉温は90℃と明記されていました   スゴイ~ (゚ー゚☆
R0019248y.jpg



下の3枚は 海地獄で撮影したものです。

海地獄のすぐ隣に朱色の鳥居がありました
新緑とのコントラスト如何でしょうか? (^^)
R0019171-001.jpg


噴気で「ソテツ」の葉がご覧のような有様です
R0019186y.jpg


そして、この近くに朱色の地獄もありましたよ! 
血の池地獄もこんな色ですよね~ 
かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄などありますが
時間の関係で全てを観て回ることは出来ませんでした
R0019185y.jpg

                    ご訪問頂き有難うございました。

 鬼石坊主地獄
2012年05月28日 (月) | 編集 |
「地獄」の名称由来

ここ鉄輪・亀川の地獄地帯は、
千年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたことが
豊後風土記」に記せられ、
近寄ることもできない忌み嫌われた土地であったといわれています。

そんなところから、人々より、「地獄」と称せられるようになりました。
今も鉄輪では温泉噴出口を「地獄」とよんでいます。

                               別府地獄組合パンフレットより

今日は坊主地獄を ご紹介致しましょう
R0019192y.jpg


灰色の熱泥が大小の球状なして沸騰する様が坊主頭に似ているところから
坊主地獄と名付けられたそうです
R0019238y.jpg


とってもキレイな灰色の熱泥ですよ~
R0019236y.jpg


沸騰して壊れた熱泥が周囲の石垣に飛び散り石も熱そうです
R0019234y.jpg


R0019212y.jpg


壊れた坊主頭のあとは まるで月面のクレーターのようです(笑) 
R0019215y.jpg


様々な形を作り出し壊れて行きます
いつまでも見ていたい気持ちになりましたね ☆\( ^ ^)/~〃。.:*:・'°
R0019214y.jpg       R0019221y.jpg


R0019206y.jpg

                     ご訪問頂き有難うございました。

 別府地獄めぐり
2012年05月27日 (日) | 編集 |
24日AM7時05分に別府観光港に到着した私達は

愛媛からの到着する時間に合わせ 集合を13時に決めていましたので

その間 市バスで「別府地獄めぐり」に行く事にしました。

私は中学校の修学旅行以来でしね。

まず最初に「海地獄」へ
R0019157y.jpg


R0019161y.jpg


立派な茅葺の入り口を入るとステキな庭園が目に入って来ました
なんと池が緑色 睡蓮の花とのコントラストが素晴らしい♪
画面では、解りづらいですが! m(_ _)m
R0019183y.jpg


向うに湯煙が立ち昇っているのが見えて来ましたょ
R0019162y.jpg


R0019163y.jpg


コバルトブルーの池。 
水の色は涼しげですが 98℃もあるんですって びっくりです! 

画面左下で温泉たまごが作られていましたね~ (゚ー゚☆
R0019164y.jpg


海地獄は、約1300年前の鶴見岳の爆発によって出来ました。
                           海地獄の公式サイトより引用
R0019165y.jpg


関西から参加した4人組 (^^)
右からFさん、 A さん、私、 Kさんです
R0019179.jpg       R0019175y.jpg

                       ご訪問頂き有難うございました。

 同級会旅行
2012年05月26日 (土) | 編集 |
私たち同級は、30年ほど前から3年に1度同級会旅行を実行してきました。

年齢と共に参加者も減り、今年が最後になるだろうと

関西在住の者で企画を立て、九州方面へ行って来ました。

関西から11名(男7名 女4名)、宇和島から10名、九州から2名 

計23名の参加者が集まることになりました。

私たち11名は 大阪南港から夜行便 フェリーさんふらわあ で一路別府港へ

久し振りの船旅です  (●^o^●)

男女、それぞれ一部屋づつ予約済みでしたので

今夜から楽しい旅行の始まりです
R0019104y.jpg


19時05分発で出港
大阪南港を離れて10分後に撮影
R0019106y.jpg


静かな海を灯台の灯りが規則正しく照らして安全な航海のために動き続けています (゚ー゚☆
R0019112y.jpg


遥か彼方から三日月様も微笑んでいるよう♪
R0019123y.jpg


R0019126y.jpg       R0019128y.jpg


鳴門大橋 船のデッキから撮影
R0019144y.jpg


少し離れた方がキレイですね。
瀬戸大橋も撮影したかったのですが、何分夜中に通過
甲板には出られませんし寝てました~ ☆\( ^ ^)/~〃。.:*:・'°
R0019135y.jpg
26日AM9時過ぎ帰宅いたしました。
明日に続きます。

                ご訪問頂き有難うございました。

 5年目に入りました
2012年05月25日 (金) | 編集 |
昨年 撮影した写真です。

2011102019125392cy

私、ブログを開設して丸4年、今日から5年目の第一歩です。

パソコンに触れたこともなかった私 (x_x;)

娘婿に教わりメモを取りながら一から覚えて

やっとここまで来る事が出来ました。

娘婿のお陰です (かじやん感謝してますよ)m(_ _)m ペコリ


そして、私の拙いブログに ご訪問してくださる多くの方々の温かいコメントに励まされ

くじけそうになった時、勇気を頂きました。

皆々様のお陰です 本当に有難うございます。

また、写真や記事などに対しても温かいご指導頂き

私はほんとに幸せ者ですね。

心から感謝申し上げます m(_ _)m

現在74歳 10月には75歳になります o(*^▽^*)o~♪

まだまだ、ボケないために頑張りますので  (もうボケが始まってるょ~ 笑)

よろしくお付き合い頂ければ嬉しいです。

今後とも よろしくお願い致します

本当に有難うございました。    
    
                  (予約投稿です)


                 ご訪問頂き有難うございました。