趣味で大正琴、習っています。デジカメを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 熱帯植物
2013年01月31日 (木) | 編集 |
今日は久し振りに、「咲くやこの花館」からお届けします。

熱帯食虫植物って 面白い形をしてますよね~(^O^☆♪

熱帯食虫植物を観察するには、夏の季節が一番いいそうですよ!

無料のフラワーツアーが一日3回出発して

園内の植物の解説して下さいます。

R0038825.jpg


名前は解りませんが、類似のお花を載せてみました

R0038788.jpg


R0038785.jpg


R0038787.jpg




昨日(30日)は、ボランティアに参加させていただきました(^O^☆♪

7曲演奏し、皆様方も一緒になって歌って下さり有意義なひと時を

過ごすことが出来ました。

40名程の方々が、熱心に私たちの拙い演奏を聴いて下さり喜んで頂きました。

嬉しかったですね (*^-^*)ニコ

私たちの教室には、芸達者なKさんがいてマジックやフラダンスを

披露し、拍手喝采を頂きましたよ~ 

健康で居られることに感謝して、少しでも長く続けて行けたらいいなぁ

と考えています。

職員さんに、撮影して頂きました。

R0039240-001.jpg

  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
 

スポンサーサイト

 あだしのまゆ村
2013年01月30日 (水) | 編集 |
化野念仏寺へ続く細い通り沿いに、民芸品店が数軒ありました。 

この辺りは、「あだしのまゆ村」だそうです。

R0039087.jpg


まゆを素材に作られた「まゆ人形」のお店です。

店内には手作りのまゆ人形が販売されていましたよ。


「まゆ」をご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「カイコ(蚕)」という虫を知っていますか?

「白い幼虫で絹の原料を作る虫・・・」

カイコは卵からかえった孵化(フカ)後、4回の脱皮を行い繭(マユ)を作ります。

繭の中で幼虫は蛹「サナギ」になり、成虫になる準備をします。

繭から絹糸をとるために人が飼育している虫で、野外には生息していません。

今でもカイコのことを親しみを込めて「お蚕(こ)さん」と呼んでいます。
    
      http://www.nias.affrc.go.jp/gmo/kaiko/kaikobio.pdfより引用


数年前、紅葉山のご養蚕所でカイコの世話をなさる皇后美智子さま 
           
のお姿をテレビで放映られたことがありましたね!

繭から あのしなやかで光沢のある絹織物が作られているのですね~

R0039088.jpg


丸い空間の中に、小さな人形が浮かんでいるようでした(^-^)

R0039089.jpg


糸の織り成す模様。 ちょっとオーバーかな!(笑)

とっても素敵でしたよ♪

R0039091.jpg

  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
 


 化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)
2013年01月29日 (火) | 編集 |
あだし野念仏寺。

この階段を上がると

R0039093.jpg


苔の中で、石仏さまの無言のお出迎えを受けました

R0039100.jpg


雪が、シャーベット状になって残っています

R0039098.jpg



空海(弘法大師)が五智山如来寺を建て野ざらしの遺骸を埋葬。
のち法然が念仏道場としてから今の寺名に改めた。
本堂は1711年(正徳2)寂道上人の再建。
境内8,000体の石仏・石塔群は、化野に葬られた人たちの墓で、
毎年8月23・24日に灯明をあげ、幽玄な千灯供養を行う。 浄土宗。
 
 京都観光Navi:化野念仏寺 
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000004より

ここに立つと、異様な雰囲気を感じましたね 自然と手を合わせていました。

でも怖いと言う気持ちはありませんでしたよ!

R0039106.jpg



近くに蝋梅が咲いていました。

花言葉・・・「先導、先見」

R0039109.jpg


こちらは、大きな壺に1本挿しの蝋梅の枝

R0039114.jpg


その横に、「大黒様と蛇」が瓦に描かれて飾られていました

立派な品物です。 どの様にして造られたのでしょうか?

R0039116.jpg


あだし野念仏寺を後にして通りに出ると人力車に出会いました(*∀*)

私も一度 若かりし頃、乗ったことがありましたね~(笑)

R0039123-001.jpg

  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
 


 初弾会
2013年01月28日 (月) | 編集 |
毎年恒例となっている 「津々流 大正琴第17回初弾会」

に出席して来ました。


大正琴の本部は、堺市にありますので この日は(27日)朝早くから出掛けました。

来賓には、堺市長はじめ数名の方々のお祝辞を頂きました。


その後 各教室の生徒たちの初弾会演奏と続きます 


R0039200.jpg


食事を挟んで 踊り、詩吟などなどの余興へとうつります。    

 他の教室の皆さんの若さ溢れたダンスです(笑)   お料理の一部 「和風前菜」

R0039218.jpg        R0039211.jpg       


グリンピースのポタージュ 美味しかったですょ(*^-^*)ニコ

灯りの関係でグリーン色が出ていません(o゚∀`o)アヒャッ━♪

これじゃ~ コーンスープですね~(笑)

R0039214.jpg


R0039228.jpg


シャンデリアの灯りがグラスに写ってステキでしたよ♪

R0039225.jpg


私もビールを頂きました、喉が渇いていたので

とっても美味しかったです (#^.^#)

皆さんと楽しい ひと時を過ごし明日から、また頑張ろうと心に誓い

家路につきました。

R0039227.jpg


(オマケ)
隣にあるロイヤルホール前には、ステキな衣装を着たマネキンさんが

ついカメラを向けてしまいました(笑)

R0039234.jpg

  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
 


 曹源池庭園
2013年01月27日 (日) | 編集 |
天龍寺の境内にある「曹源池庭園」 をご紹介しましょう。

R0039006.jpg


これは、もみじの樹のようでしたね!

何らかの理由で幹が途中で折れたのでしょうか!
 
枝の形が面白いですね (o^▽^)o

R0039012.jpg



天龍寺を有名にしているのは「大方丈」の西側に展開している「曹源池庭園」である。
この庭園は名園中の名園として著名である。

「曹源池庭園」は夢窓国師の作庭とされているが、
亀山離宮の庭園を利用したとの説もあるようである。

この庭園は池中に立石群を配し、嵐山、亀山を借景として取り入れ、
独特の日本画のような美しさを見せている。

            http://www.y-morimoto.com/kyoto_isan/tenryu.html より


紅葉の頃に、もう一度訪れたいですね (*^-^*)

大きな鯉が 悠然と泳いでいました

R0039020.jpg


R0039025.jpg        R0039022.jpg


たくさんの鯉が集まって一休みしているようです(笑)

R0039039.jpg


太陽の陽射しが反射して 眩しい~(๑→‿ฺ←๑)

R0039041.jpg


R0039037.jpg

  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
 


 竹林の小路
2013年01月26日 (土) | 編集 |
渡月橋を渡り北に少し歩くと 大本山 天龍寺 が左手に見えて来ます。

境内の風景は、追ってご紹介することにして

今日は、竹林を取り上げてみました。(^-^)

天龍寺境内(北側と言っていいのかなぁ~)を囲むように竹林があります。 

R0039068.jpg


こんな小路、歩いて見たいと思いませんか?(^-^)

私は大好きです(笑)

あちらでも撮影されている方がいましたよ!

R0039067.jpg 


R0039071.jpg


下の2枚は、

「あだしの・念仏寺」 の裏手にある 竹の小径です。

R0039112.jpg


此処で、神奈川から来たと云う一人旅の女性と出会いました。

一眼レフのカメラを お持ちでしたよ  

きっと素晴らしい、お写真を撮られているのでしょうね!

今夜は、嵐山のホテルに宿泊されるとのことでした。(^-^)

R0039113.jpg


  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
 


 桂川
2013年01月25日 (金) | 編集 |
「咲くやこの花館」からの更新は一休みして

今日は、雰囲気を変えて京都嵐山からお届けしましょう。

桂川(かつらがわ)

は京都府を流れる淀川水系の一級水系
 です。



嵐山を訪れるのは5年ぶりになりますかね~

おふねさんと行って来ました。 =*^-^*=

昨日の寒さとは、打って変って風も無く穏やかな一日でしたよ♪

R0038997.jpg


川下から写した渡月橋です

R0039003.jpg


やはり京都ですね~ 外国人はじめ観光客が多かったですね (*^-^*)

R0039004.jpg


橋の上から川上を撮影しています 

屋形船が浮かんでいますね♪

夏になると、アベックたちが漕ぐボートをよく見掛けます

R0039005.jpg


渡月橋から下を見ると白鳥が1羽 そして遠くの浅瀬に2羽いましたよ。 

画面には2羽が写っています、お解りになれましたでしょうか?

これは帰りに撮影したものです。

R0039165.jpg


川の近くまで行って見ました。

鴨が多いのには、びっくりです (*゚ー゚)

屋形船と逆行に泳いでいましたよ

R0039138.jpg


♂ ですね。

R0039141.jpg


やはり冬場は、観光客も乗る人が少なく屋形船は停泊中(; ̄ェ ̄)

ボートも砂浜で休眠中(笑)

R0039151.jpg
この船場から上流が保津川となります。

保津川下りは、丹波亀岡から京都の名勝嵐山までの
約16kmの渓流を約2時間で下るスリルの舟下りです。


私も一度、トロッコ電車で丹波亀岡まで行き舟下りを体験しましたよ (#^.^#)
桜の咲く頃、トロッコ電車で風景を見るのは最高です~(^O^☆♪

  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。