趣味で大正琴を習って18年になりました。  ボランティアで介護施設などに演奏に行ってます。 また、カメラを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 金閣寺
2014年01月04日 (土) | 編集 |
京都の旅(7)

「金閣寺」

正式名称を鹿苑寺((ろくおんじ)といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。
舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。
元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け
山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。
金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ
有名な一休禅師の父である後小松天皇を招いたり、
中国との貿易を盛んにして文化の発展に貢献した舞台で、
この時代の文化を特に北山文化といいます。義満の死後、遺言によりお寺となり、
夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。

金閣寺の修行僧(当時21歳)による、放火で1950年7月2日未明焼失 
現在の金閣は昭和25年 再建したもの。

              http://admin.blog.fc2.com/control.php より引用
PC250336.jpg


鏡湖池に写る金閣寺は 素晴らしいですね~

陽射しが強く金箔が眩し過ぎて、カメラの設定をどうしていいか解りません~!ヽ(´o`;

カメラを持った観光客でいっぱいでしたょ~
PC250339.jpg


観光客をよそ目にじっと佇む白鳥 (*^-^*)
PC250346.jpg


裏手に回って、鳳凰を撮影していたら飛行機雲も写りました(笑)
PC250368.jpg


夜間ではありませんょ~\(^o^)/

金閣寺が太陽を遮っているだけです(笑) 
PC250387.jpg


  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               

 
スポンサーサイト