趣味で大正琴を習って18年になりました。  ボランティアで介護施設などに演奏に行ってます。 また、カメラを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 弥生三月
2015年03月03日 (火) | 編集 |
旧暦の3月3日は、ひな祭り、桃の節句ですね。
今日は、新暦(西暦)の ひな祭り 桃の花にちなんで梅の花をUPしました (*^-^*)

花言葉・・・「高潔」「忠実」「忍耐」
白い梅(白梅)・・・「気品」

面白い伝説を見つけましたので載せましすね ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶♪
 

花言葉の由来

花言葉の「忠実」は、政争に敗れて大宰府へ左遷された平安時代の
貴族・菅原道真(845~903)の後を追って空を飛んだとする
ウメの伝説(飛梅伝説は下記参照)に由来するといわれます。
白梅の「気品」の花言葉は、あでやかな紅梅に対して
白梅の凜として上品なその花姿にちなみます。

飛梅伝説

平安時代の貴族・菅原道真(845~903年)は
朝廷内での公卿・藤原時平(871~909)との政争に敗れ
遠く九州・筑前国の大宰府へ左遷されることになりました。
道真はとりわけ愛でてきたウメの木、サクラの木、マツの木との別れを惜しみます。
道真を慕う庭木たちのうち、サクラは悲しみに暮れてついには枯れてしまいました。
ウメとマツは道真の後を追って空を飛びます。
しかし、マツは途中で力尽き、摂津国八部郡板宿近くの丘に降り立ち
この地に根をおろしました(飛松伝説)。
ウメは一夜のうちに大宰府まで飛んでゆき、その地に降り立ったといいます。
                             http://hananokotoba.com/ume/より 

P2250239.jpg



P2250229.jpg



P2250215.jpg


枝垂れ梅も こんなに咲いていましたょ♪
P2250213.jpg


  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               

スポンサーサイト