趣味で大正琴、習っています。デジカメを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)
2013年01月29日 (火) | 編集 |
あだし野念仏寺。

この階段を上がると

R0039093.jpg


苔の中で、石仏さまの無言のお出迎えを受けました

R0039100.jpg


雪が、シャーベット状になって残っています

R0039098.jpg



空海(弘法大師)が五智山如来寺を建て野ざらしの遺骸を埋葬。
のち法然が念仏道場としてから今の寺名に改めた。
本堂は1711年(正徳2)寂道上人の再建。
境内8,000体の石仏・石塔群は、化野に葬られた人たちの墓で、
毎年8月23・24日に灯明をあげ、幽玄な千灯供養を行う。 浄土宗。
 
 京都観光Navi:化野念仏寺 
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000004より

ここに立つと、異様な雰囲気を感じましたね 自然と手を合わせていました。

でも怖いと言う気持ちはありませんでしたよ!

R0039106.jpg



近くに蝋梅が咲いていました。

花言葉・・・「先導、先見」

R0039109.jpg


こちらは、大きな壺に1本挿しの蝋梅の枝

R0039114.jpg


その横に、「大黒様と蛇」が瓦に描かれて飾られていました

立派な品物です。 どの様にして造られたのでしょうか?

R0039116.jpg


あだし野念仏寺を後にして通りに出ると人力車に出会いました(*∀*)

私も一度 若かりし頃、乗ったことがありましたね~(笑)

R0039123-001.jpg

  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
よしみねえさま
ロウバイを見ると春もちかいんだなあとおもいました。
ロウバイの写真美しいです。
すごいお地蔵様の数。
私もここにいったなら自然に合掌すると思いました。
こけの中のお地蔵様に眼を清めていただきました。ふじこ
2013/01/29(火) 00:29:48 | URL | ふじこ #-[ 編集]
よしみ様、すみません。v-436
名無しの権兵衛はハイ、私です。
こんなそそっかしいのはグレ・チビをおいていないとすぐに気付かれたとは思いますが…ご迷惑をお掛けしました。

あだし野念仏寺。こちらもいいですよね。随分前に母と行った思い出があります。
冬の厳しい寒さの中佇む石仏にも何か感じるものがありますが、8月に灯明をあげるときはまた違った幻想的な美しさなんでしょうね。

P.S.人力車のお兄さん達、皆さんイケメン揃いですよねe-266
2013/01/29(火) 10:58:07 | URL | グレ・チビ ママ #ZMUMkWGc[ 編集]
ふじこ さんへ
春は、足をとを忍ばせながら 
そこまでやって来ていますよ~(*^-^*)

8,000体の石仏さま・石塔があるそうです。

>こけの中のお地蔵様に眼を清めていただきました。

そうですか! 色んな形の石仏さまが、おいででしたよ
心なしか、笑みを浮かべた石仏さまも見かけましたね。
ふじこさん いつも有難うございます。
2013/01/29(火) 11:12:02 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
グレ・チビ ママ さんへ
名前が無くても、すぐ解りましたよ!(*^-^*)ニコ

グレ・チビ ママ さんも、お母さまと行かれましたか

>8月に灯明をあげるときはまた違った幻想的な美しさなんでしょうね。

夏に、また行って見たくなりますね~(*∀*)

>人力車のお兄さん達、皆さんイケメン揃いですよね

そこに目がいきましたか!(笑)
ちなみに私が乗った時の 
お兄さんはアルバイト中の大学生イケメンでしたよ~(^O^☆♪
グレ・チビ ママ さん いつも有難うございます。
2013/01/29(火) 12:20:05 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック