趣味で大正琴、習っています。デジカメを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 タビビトノ木
2013年02月27日 (水) | 編集 |
「咲くやこの花館」の熱帯花木室には

こんなユニークな名前の樹がありましたよ~(^O^☆♪


タビビトノ木 (旅人の木)  

マダガスカル原産、 旅人木(りょじんぼく)ともいう。

樹高は平均で7メートルほどに達する。

生長にしたがって葉茎が落ち

幼木にはみられない茶色の丈夫な樹幹が現れる。

葉は舟の櫂のような形をしており

左右対称に並んで平面をなすため見た目は扇に似る
             
茎に雨水を溜めるため非常用飲料として利用され、この名前が付いた。  
                              http://ja.wikipedia.org より引用              
R0039524.jpg


R0039536.jpg


葉茎の間から棘のように出ているのが お花だとか?

お花には見えませんが、

検索すると「白っぽい花」が咲くとありました。

R0039522-001.jpg


葉茎が落ちた跡には、一分の隙間もないほど見事な樹皮の編み込み?(笑)

が出来ていました~(^O^☆♪

R0039535.jpg


R0039454.jpg

  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
よしみ様、こんばんはv-353

「タビビトノ木」。ユニークな名前ですが、ロマンも感じますね。

今までも何人もの旅人が、この木のおかげで喉を潤して、旅を続けられた。な~んて想像すると、この木の見方も違ってきたりして(笑)

今日もありがとうございました。v-291
2013/02/27(水) 19:14:35 | URL | グレ・チビ ママ #ZMUMkWGc[ 編集]
グレ・チビ ママ さんへ
>今までも何人もの旅人が、この木のおかげで喉を潤して、旅を続けられた。

そう思うと、ロマンも感じますね~ (^O^☆♪

今回「咲くやこの花館」を訪れて、私の知らなかった花木に
多く出会えたことが収穫ですね (о・。・о)ホホゥ...
いつも ありがとうございます。

2013/02/27(水) 20:10:20 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
こんばんは。
南国らしい樹ですね。
マダガスカルの砂漠を旅している時、オアシスに育った樹なのでしょうか?
樹皮の重なりが一枚一枚度(タビ)重なっての方がピッタリのような!
表面に出ているのが樹皮なら、中身は?いろいろ「気になる木」ですね。
2013/02/27(水) 21:13:45 | URL | masa #-[ 編集]
masaさんへ
茎に雨水を溜めると言われる この「タビビトノ木」は
旅人の喉を潤して居たのでしょうか~?
ホントに気になる木ですね (*^-^*)ニコ

コメントありがとうございました。
今後とも よろしくお願い致します。
2013/02/27(水) 22:18:43 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
タビビトノ木ですか?
えっタビビトノ木ですか?
知りませんでした
よしみさん
それにしてもよく見ていますねえ
驚きモモノ木です−(笑)

そういえば
『奇想天外』という植物がありましたね
4000年くらい生きてるそうですよ
ホントに奇想天外な姿をしていましたが
知ってましたか?
2013/02/27(水) 22:42:15 | URL | 【クメゼミ】塾長 #LCCNbXwA[ 編集]
【クメゼミ】塾長さんへ
塾長さん 気が付かれませんでしたか?
熱帯花木室で 
一際高く そびえ立っていましたょ~‘@@‘

>『奇想天外』という植物がありましたね
>4000年くらい生きてるそうですよ
>ホントに奇想天外な姿をしていましたが
>知ってましたか?

いやぁ~ そんな植物があるのですか?
知りませんでした。
一度、お目にかかりたいですね(笑)
いつも ありがとうございます。
2013/02/28(木) 10:39:12 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック