趣味で大正琴、習っています。デジカメを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 今年も帰って来てくれました
2013年08月04日 (日) | 編集 |
特攻の母。 (鳥浜とめさん) 

鹿児島県知覧町で、富屋食堂を経営していた「鳥浜とめさん」の

お話をご存知の方は おいででしょうか?

これまでに、何度か映画や舞台で演じられています。

もっとも新しいものでは、

大林素子さんの 舞台『MOTHER~特攻の母 鳥濱トメ物語』(2010年)だそうです。


「鳥浜とめさん」の手記一部分を抜粋。

宮川三郎軍曹は出撃の前夜、
わたしのところに挨拶に来られ、
「明日わたしは沖縄に行き、敵艦をやっつけてくるから、帰ってきた時に
は、宮川、帰ってきたかと喜んでください」 
と言うので、
「どんなにして帰ってくるの?」
と尋ねたら、
「ホタルになって帰ってくる」
と言うのです。そしたら、約束の時間にホタルがやってきたんです。富屋
食堂の裏に小川が流れていたのですが、そこに一匹の大きなホタルがやっ
て来て、白い花にとまったのです。本当に大きなホタルでした。思わず、
みんなに、、
「このホタルは宮川サブちゃんですよ」
と言ったんです。そして、みんなでそのホタルを見ながら、<同期の桜>を
歌いました。
      http://samurai.kt.fc2.com/haha.htmより 
関心のある方は「特攻の母」で検索してご覧くださいんね。 
            

私は、10数年前テレビのドキュメンタリー放送を見ながら涙したものです。



以前にも書きましたが私の息子は、小さな頃から動物や昆虫の大好きな子供でした。

毎年、我が家のベランダに蝉が来るようになって10数年

夏だから、来ても当たり前と言われればそれまでですが、ここは高層住宅7階です。

私は、息子が帰って来てくれたと信じています。

「Y君 お帰り」 と迎えています。 


私をじっと見つめている様な蝉の目

そんな気がしてなりませんでした。 (*∀*)

P7310028.jpg


しっかりと吊り鉢の紐につかまっています。

P7310026.jpg


P7310022.jpg


P7310020.jpg


P7310014_2013080214073261c.jpg


しばらく 吊り鉢の上で休んでいたのですが、気が付けば飛び去って

姿はありませんでした。

来年も、待っているからね~ (^∇^)

今日は、息子を偲ぶ一日となりました。

P7310009.jpg


  ご訪問頂き有難うございました。


ブログランキングに参加しています クリックしていただければ幸いです。

               
   
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
亡きご子息様を偲ばれておられるお気持ちがじんじんと伝わって参ります~確かに帰って来られたと私も思います。
息子様もそっとお母様のお姿を眺めておられたのでしょう
私の胸もキューとなって言葉が出ません
「ベランダで今年も出会えた蝉君!お母さんを見守ってネ」
ただそれだけ。
2013/08/04(日) 01:04:03 | URL | おとしちゃん #-[ 編集]
おはようございます。
・・・心に沁みました。

 セミ、ホタル・・・もの哀しい夏ですね。

 もうすぐ終戦記念日、その前に原爆・・・
2013/08/04(日) 06:12:00 | URL | yossy610 #-[ 編集]
よしみねえさま。
ふじこと一緒です。
オハグロトンボを見るとご先祖だとかんじます。
ふじこ人前では務めて明るくしてます。
でも息子亡くなってまだ四年目です。
昨日は息子の愛読書を読んで号泣しました。
これからどうなるのかわからないけれど、
おふくろ頑張れって言ってるとおもいます。
これからも息子のためにも外では泣きません。
よしみねえさまと約束します。
ふじこはよしみねえさまみたく優しくあたたかく生きてゆきたいです。
よしみねえさま、今後ともよろしくお願いいたします。ふじこ
2013/08/04(日) 07:00:19 | URL | ふじこ #-[ 編集]
おふくろ、ただいま、スイカある ?
とっくに帰って来てますよ。
2013/08/04(日) 09:33:06 | URL | あんぱん父さん #-[ 編集]
おとしちゃんさんへ
おとしちゃんさん 優しい思いやりのお言葉 胸に沁みました
有難うございます。m(_ _)m

蝉が来てくれるのを、心待ちしている自分を笑ったりしていろ私ですが・・・
来てくれると嬉しくなりますね。(^O^☆♪

おとしちゃんさんの、優しさに心から感謝致しております。
有難うございました。
暑さ厳しいおりお体ご自愛くださいね。
2013/08/04(日) 10:53:31 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
yossy610 さんへ
yossy610 さん お忙しいなかコメント頂き有難うございます。

> セミ、ホタル・・・もの哀しい夏ですね。

> もうすぐ終戦記念日、その前に原爆・・・

過去に、いつまでもこだわってばかりは居られませんが
でも絶対 忘れてはならない事ですよね!

いつも有難うございます。
2013/08/04(日) 11:02:35 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
ふじこ さんへ
>オハグロトンボを見るとご先祖だとかんじます。
>ふじこ人前では務めて明るくしてます。
>でも息子亡くなってまだ四年目です。
>昨日は息子の愛読書を読んで号泣しました。
>これからどうなるのかわからないけれど、
>おふくろ頑張れって言ってるとおもいます。

ふじこさんは、オハグロトンボですか!
ご息子亡くなられて四年
まだ何かに付けて思い出される事が多々おありでしょうね。
辛く悲しい試練を乗り越えて強く生きて行かねばなりませんよね。

今の私は、前向きに明るく生きています。
ふじこさんも、明るく生きて下さいね。

いつも有難うございます。
2013/08/04(日) 11:20:46 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
あんぱん父さんへ
>おふくろ、ただいま、スイカある ?

息子はスイカが大好物でしたよ~
あんぱん父さん! 知ってたの~(笑)

お体に気を付けて、頑張って下さいね。
有難うございました。
2013/08/04(日) 11:26:30 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
よしみ様、今年も息子さんが帰って来てくれたんですね。

暑いさなか、よしみ様の体調を気遣っておられるのかもしれませんね。
「こちらは父さんと仲良くやっているから、母さんはそちらでの生活をこれからもまだまだ楽しんで!そして、ちこ太郎&かじやん達なんちゃっ邸ファミリーにもよろしく!」なんて言っておられるのかな?などと勝手な想像してしまいました(^。^)
(敬称略でスミマセンm(_ _)m)

私の母も今年で80歳。年々生きるのがしんどくなるけれど、後10年は頑張るそうです。(^○^)
頼もしい!
2013/08/04(日) 17:36:59 | URL | グレ・チビ ママ #ZMUMkWGc[ 編集]
グレ・チビ ママさんへ
思いやりのある優しい気持ちのこもったコメント、心より嬉しくおもいます。
有難うございました。m(_ _)m

>「こちらは父さんと仲良くやっているから、母さんはそちらでの生活をこれからもまだまだ楽しんで!
>そして、ちこ太郎&かじやん達なんちゃっ邸ファミリーにもよろしく!」

ホントにそう思ってくれている様な気がして来ましたよ! (^∇^)

お母さまは今年で80歳だとか!
お元気で何よりですね。

>後10年は頑張るそうです。(^○^)  頼もしい!

お母さまは、意欲満々ですね♪
気の持ちようで人生変わりますよね。 弱音を言っててはダメですね  
それじゃぁ私は15年頑張るぞ~(笑)

グレ・チビ ママさん、いつも応援頂き有難うございます。
お体に気を付けてお過ごし下さいね。
2013/08/04(日) 21:12:42 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
知覧にある食堂の話は、知っていましたが、
九州自転車旅のとき、行きそびれました。
薩摩半島を回り込んだ吹上浜に万世特攻基地がありました。
こちらは忘れられた敗戦間際の特攻基地ですが、沖縄への特攻で、
多くの若者が亡くなりました。
万世平和祈念館の二階には、特攻隊員の写真と手記、涙してみるのが辛かったです。
輪廻合掌


2013/08/05(月) 07:02:05 | URL | 枯木チャリダー #-[ 編集]
枯木チャリダーさんへ
とめさんの食堂のお話は、よく知られていますよね!(中高年には)
多くの若い特攻隊員の尊い命が亡くなっていますね。
そんな時代だったと云えば どうしようもありませんが・・・

そのお蔭で、今の日本の幸せがあるのではないでしょうか?

>特攻隊員の写真と手記、涙してみるのが辛かったです。

そのお気持ちよく解りますね。

気を付けて帰って来てくださいね。(*^-^*)
2013/08/05(月) 10:37:40 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック