趣味で大正琴、習っています。デジカメを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
 北海道思い出 綴り(4)
2015年09月15日 (火) | 編集 |
娘との旅(4)

昨日の続きです。
神威岬(かむいみさき)先端に行く少し手前の海岸です。
絶壁の岩肌の波打ち際に、二つの穴が見えますよね!
もう少し近寄って見ましょうか? 

P9090100.jpg



右の小さな穴が 「念仏トンネル」 のようです。

P9090366.jpg



 「念仏トンネルの由来」

大正元年(1912年)10月29日午前8時半ごろ
神威岬灯台の草薙灯台長夫人及び土谷補員夫人とその二男(三歳)が天長節(天皇誕生日)の
お祝いの品物などを買い出しに余別市街へ行く途中
ワクシリ岬付近で荒波に足をさらわれ海中に落ちて溺死した。
ワクシリ岬は上は断崖絶壁、下は波打ち際の険しい地形で
なぎや干潮の時はわたることができるが
そうでないときは容易に越えることのできない難所である。

土地の人々はこのような海難事故が再び繰り返されないようにするため
大正3年にトンネルを造る計画をたて着工した。
開削作業は岬の西側と東側の両方から同時に始められたが
測量計画の誤算か開削技術が未熟なためか
トンネルの中央で食い違いが生じ工事が頓挫してしまった。
ところが村人たちが犠牲者の供養をふくめ
双方から念仏を唱え鐘を打ち鳴らしたところその音で掘り進む方向がわかり
工事を再開することができたのである。
このようにして大正7年11月8日に開通となり、以来「念仏トンネル」の名がある。

また、この全長60メートルのトンネルは割合低く中が真っ暗闇なため
「念仏を唱えながら通ると安全である」と言い伝えられている。 

悲しい事故があったのですね 

 (神威岬石碑)  
P9090345.jpg
現在は、海岸に下りる道も、念仏トンネルを抜けることも「立ち入り禁止」になっています!


半島では奇岩を多く見ることが出来ました
P9090087.jpg


遊歩道沿いに咲いていた「エゾフウロ」
P9090475.jpg


「エゾカワラナデシコ」 の花に癒されました(#^.^#)
P9090061.jpg



今日のニャンコ。

マーボーの頭が無い~ (゜゜;)☆\(--;)スパーン

P9010165.jpg


顔を寄せ合って何してるの~(#^.^#)
P9010168.jpg


ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪


人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは
今日もすばらしい絶景ですね!
最近、僕は絶景に出会っていません(^^;
近場での撮影ばかり・・・
何処か素晴らしい絶景の場所に出かけて
シャッターを切ってみたいです^^

ポチッ全部!
2015/09/15(火) 21:54:38 | URL | 土佐けん #tHX44QXM[ 編集]
土佐けんさんへ
素晴らしい絶景、私の腕ではこんなものです~♪(´ε` )

土佐けんさんが撮られたら、きっと見応えある画になること
間違いありませんよ(^O^☆♪

是非、計画を立てて訪れて見て下さいね。
2015/09/16(水) 11:29:58 | URL | よしみ70 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック