趣味で大正琴、習っています。デジカメを片手に写真を楽しんだり 年に一度は娘夫婦の住む北海道に遊びに行ったり 気ままな日々を綴っています
  醍醐寺(2)
2017年04月18日 (火) | 編集 |
 醍醐寺は、エリアが三つに分かれています。
先ず「伽藍エリア」から、UPしていきますね(*^。^*)


西大門(仁王門)をくぐると
モミジの新緑が目に入って来ました。

1-1-P4140022.jpg


参道の両脇は、この様な杉の木が立ち並んでいます
胸いっぱいに美味しい酸素を吸いながら歩きました d(⌒o⌒)b

1-P4140202.jpg



国宝の五重塔を色んな角度から撮影してみました。

国宝の五重塔は
醍醐天皇のご冥福を祈るために朱雀天皇が起工
村上天皇の天暦5年(951)に完成しました。
京都府下最古の木造建造物で、
内部の壁画は日本密教絵画の
源流をなすものといわれています。
京都府下最古の木造建造物  
https://www.daigoji.or.jp/garan/garan_frame/shimo_garan_frame_j.htmlから引用 

1-P4140127.jpg


残念ながら葉桜状態でしたが 
風で舞い散る花びらの下を歩くのも
情緒ある光景でしたょ~ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶♪

1-P4140131.jpg



1-P4140134.jpg



1-P4140138.jpg



1-P4140142.jpg


満開だった八重桜越しに・・・
1-P4140153.jpg


可愛い小花の八重枝垂れ桜でした
1-P4140145.jpg



1-P4140147.jpg

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪



 

 醍醐寺(1)
2017年04月17日 (月) | 編集 |
今月14日に、姪のFさんに連れられて 
豊臣秀吉ゆかりの醍醐寺へ行って来ました。

先ずは、総門から入ります。

門、右手にある枝垂れ桜がとっても綺麗いでしたね。
でもね! 撮影したのはいいのですが
パソコンに取り込んで見ると構図が
めっちゃ悪くてボツにしました~ (泣)    

1-P4140003.jpg


参道のソメイヨシノは、
もう散り始めていて葉桜状態に近かったです 残念(*≧m≦*) 

1-P4140007.jpg



2010年7月に、修復された国宝・唐門
「菊」と「五七の桐」の4つの大きな紋には金箔が施されていました。

参道沿いにあり外から見る事が出来ます。

1-P4140009.jpg


唐門前を通り抜け 西大門(仁王門)へと参道を進みました
1-P4140018.jpg


西大門(仁王門)が見えて来ましたね 
1-P4140011.jpg


着物姿を見ると京都の雰囲気を感じますね(*^。^*)
でも日本人かな???(笑)

1-P4140026.jpg



1-P4140014.jpg


西大門(仁王門)の両側に立つ 仁王像
1-P4140020.jpg


怖い顔ですね!
寺門の両側にあって
伽藍(がらん)守護のために立てられているそうですね

1-P4140021.jpg
 明日は西門の中へ、とにかく広いんですよね~

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪



 

 京都御苑 (最終回)
2016年04月13日 (水) | 編集 |
京都御苑 (最終回)

これは「センダン」の木です。
幹が、中ほどで切除されていますね 


P4050286.jpg


切除された物がこれ 「コブ」 なんですょ~ (o゚∀`o)アヒャッ━♪
P4050284.jpg



木の下には、こんな説明書きがありました。

病原菌が傷口に侵入し、植物の組織細胞に変調をきたすことで細胞が異常に繁殖
コブとなったものです。
直径70cm程ありますが、これほど大きなものは珍しいようです。

センダンの木も、こんな大きなコブを付けて苦しかったのでは
ないでしょうか???.:*゚..:。:(●´∀`●).:*゚..:。:. 

P4050283.jpg


こちらの大木は優しいですね   宿り木を育てていましたょ(笑)
P4050303.jpg


近寄って見ましょうか!
   何とソテツのようですね~
  エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ
P4050302.jpg
最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪





 京都御苑の桜
2016年04月12日 (火) | 編集 |
玉砂利の広い道を歩き 枝垂れ桜を観にやって来ました(#^.^#)

御苑北西部のこの場所は、五摂家の一つ、摂政や関白を多く出した近衞家の邸宅跡で
枝垂れ桜の大木が約60本植わっています。
御苑で一番早く咲き始める桜で、3月中旬にはほころび始めます。
白、紅などの種類によって花の時期が違うので
全体としては1ヶ月くらい楽しむことができます。
 https://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/2_guide/map1_sidare.htmlより

P4050246.jpg


近衞家邸宅跡の見事な枝垂れ桜をご覧ください
P4050249.jpg



P4050261.jpg



P4050267.jpg



P4050257.jpg


こちらでは、和服姿で記念撮影されていました
P4050271.jpg


近寄って話し声を聞くと、日本人ではありませんでしたょ!
京都では 1日着物レンタルのお店が多いようですね
日本の良さを感じて頂けたでしょうか~ =*^-^*=  

P4050273.jpg


オオシマザクラ 
P4050281.jpg

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪





 京都御苑(2)
2016年04月11日 (月) | 編集 |
今年の、京都御所春季一般公開は、4月6日~10日までの5日間でしたが
私たちが行ったのは 一般公開の前日でした。
  数年前に一度 御所を見学したことがあります。

京都御苑の地には
江戸時代、200あまりの公家屋敷(ぐげやしき)が立ち並んでいたそうです。
邸宅跡は芝生と玉砂利の広い道に変わり、市民の憩いの場になっている。
                        京都観光サイトより

P4050198.jpg



P4050288.jpg


造形美と云ったらいいのでしょうか!  見事ですね~
P4050215.jpg


玉砂利の広い道、そして長い塀、 向こうまで歩きましたょ~(*^-^*)
P4050241.jpg



五山の送り火(大文字焼き)で知られる山が前方奥に見えます。

五山の送り火(大文字焼き)とは、(8月16日)
お盆にお迎えしたご先祖様の霊を再び浄土にお送りする
精霊送りのかがり火を五つの山で焚く行事です。
街の灯りも消え、東から西へ
「大文字」→「妙法」→「船」→「左大文字」→「鳥居」の順に次々点火されてゆく送り火は
約1時間静かに燃え続け、その間、京都市内は幻想的な雰囲気に包まれます。
                        京都観光サイトより
 

P4050223.jpg


明日は、サクラをUPしたいと思います。
よろしければお立ち寄りくださいね (*^-^*)ニコ

P4050201.jpg

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪



 

 水温む
2016年04月10日 (日) | 編集 |
京都御苑 (1)

二条城を後にして「京都御苑」まで歩いて来ました。  


P4050340.jpg


京都御苑と云えば、こんな風景を思い出されるのではないでしょうか!

P4050221.jpg


「出水の小川」
でも こんな場所もあるんですよね~♪
水温む頃となり子供たちは元気に走り回っていました。
今日は、小川で遊ぶ子供たちを取り上げて見ました(*^-^*)ニコ


P4050304.jpg


外国の男性も、撮影されていましたので その後ろ姿を入れてパチリ (#^.^#)

P4050307.jpg


この少年は、何を探しているのでしょうね!
その様子を、ママさんが撮影されていました。

水辺の若草は「セリ」なんですよ
おひたしにすると美味しいですよね~ε=((ノ^∀^*)ノ


P4050320.jpg



P4050306.jpg



P4050314.jpg

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪




 元離宮二条城の桜 (2)
2016年04月09日 (土) | 編集 |
枝垂れ桜の小道を通り抜けると「桜の園」に出て来ました。

ソメイヨシノ、サトザクラ、ヤマザクラなどが咲き誇っていましたょ~♪

P4050159.jpg


キレイな桜の前では、外国の方々が記念撮影に余念がありません!
P4050163.jpg


広い桜の園には、ライトアップの設置がしてありました
P4050184.jpg



P4050167.jpg


サトザクラ 
P4050179.jpg



P4050178.jpg


ヤマザクラ 
P4050182.jpg

今日も、ご訪問頂き有難うございました。

ブログランキングに参加しています クリックしてね♪